FC2ブログ
黒ラブ・モモと、飼い主おーたのだらだら生活日記。

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お肉をあげてみる・その3

2010.06.27 *Sun
このコーナーを更新するのが久しb(略

さて、今回は前回言ったとおりのお肉以外で使える動物性食品の紹介デス☆


お肉に含まれる動物性タンパク質は、お肉以外のものにも含まれています。

皆さんが一度は食べたことのある卵、乳製品、魚類・・・内臓類もあるかな?
(私は内臓類が大嫌いデス!!)

これらの食品も、お肉の代わりに手作りごはんに加えてあげることで様々な栄養素を供給してあげることができますし、毎日の食事のバリエーションを増やして、飼い主さん自身も献立を考えるのが楽しくなると思います♪

では早速その特徴とあげる時の注意点を見ていきましょうっ!


①卵
動物性食品の中でも、タンパク質の栄養的価値が最も高いのが特徴です。
卵はヒナが誕生するまでに必要な栄養素が全て含まれているので、完全栄養食とも言われています。
実際はビタミンCと食物繊維は含まれていないので完全とは言えないかもしれませんが、それ以外の栄養素はバランスよく含んでいます。

卵は卵黄と卵白に分かれていますが、卵白は個体によってはアレルギーの原因になる場合があるそうです。
また、卵白に含まれる成分と、卵黄に含まれるある栄養素が一緒になると、その栄養素の吸収を阻害してしまいます。
・・・とはいっても体内でその栄養素は沢山作られてるようなので、気になる場合は卵黄のみ、もしくは卵白を加熱して与えるといいかと思います。
加熱することで阻害の原因になる成分がなくなります。

あと、卵を使った後に残る殻・・・これも一緒に利用しちゃいましょう!
卵の殻は重要なカルシウム源になるので、よく洗ってからパリパリッと手で細かく砕いて混ぜるといいかもしれません。
それだと心配!って場合には一度天日に干して、すり鉢などで粉末にして利用するといいでしょう。

与える量は体の大きさに応じて、1~5個程度を週に2回程あげましょう。
(体重20~30kgの犬だと、2~3個/回)



②牛乳/乳製品
お乳は動物の世界だと離乳食として使われています。
なので成長してから飲むことはまずないと思いますが、非常に栄養素が高い優秀な動物性食品です!

牛乳は乳糖(ラクトース)という糖類を含んでいて、飲むと稀に下痢を起こす子がいます。
これは人間でも同じことが言えますが、乳糖をうまく分解できない場合(乳糖不耐性)に起きてしまう症状です。
また、牛乳に含まれるタンパク質にアレルギー反応を起こす子もいます。
牛乳をあげる時は、少量を様子を見ながらあげるようにしましょう。

牛乳から作られた食品にヨーグルトやチーズがあります。
ヨーグルトやチーズは生乳と比べると乳糖が少ないので、比較的下痢を起こしにくいです。
抗生物質等をあげた後の、腸内細菌を戻すために食べさせるのもいいでしょう。
(バナナと一緒にあげるともっとグー)

選ぶ時に注意することは、お砂糖が入っていなくて添加物が少ないものを選ぶことです。
お砂糖が入っているとそれだけでカロリーが高くなるので肥満の原因になってしまいます><



③内臓類
内臓類・・・と聞くと、よく耳にするのが肝臓(レバー)だと思います。
食事に加える時は肝臓以外にも腎臓、心臓、胃腸などの部位もまんべんなくあげてほしいです。
基本は生で与えるものですが、臭いを嫌ってる場合は牛乳に20~30分程漬けておくと臭いを解消できます。
ただし、それ以上漬けておくと水溶性ビタミンが流れ出てしまうので注意が必要デス!
さっと湯通ししても臭いが消えるので有効でしょう。

普段から入手しやすいのはやはり肝臓ですよねぇ~。
肝臓は特にビタミンAが豊富で、その他のビタミン類や微量栄養素も含んでいます。
ですが、過剰にとり過ぎるとビタミンA過剰を引き起こして、骨の形成異常などの原因になってしまいます。
何でもそうですけど、とり過ぎはよくないよね(汗

あげる量ですが、毎日与える場合はお肉の量の7分の1程度の割合であげてください。
肝臓のみをずっとあげる場合は、量を少なめにして過剰にならないように気をつけましょうね~。
週に1回与える時は、量をお肉と同じくらいに多めにしてあげます。

多分知ってると思いますが、肝臓は解毒器官です><
必ず新鮮なものを使うようにしてくださいねっ!



④魚類
魚類は、肉類と同じく良質なタンパク質を供給してくれます☆
それ以外にも脂肪酸のアルファーリノレン酸、EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富に含まれているのが特徴です。

あげる間隔は、週に1回程度あげるといいですが、体内に入ってからの酸化を防ぐためにも、βカロチン、ビタミンCやEが豊富な食材と一緒にしてあげてください。

背の青い魚は脂肪が多いのと、骨を強くするカルシウム・リン・ビタミンDが豊富です。

魚はお肉と違って鮮度にとても注意しないといけません。
保存状態が悪いと、細菌の増殖を招いてアレルギーの原因となる成分を作り出してしまいます。
特にイワシやカツオなどの赤身の魚は、その成分が増え易いので注意してくださいネ!
保存する時は、冷凍しておくと細菌の増殖を抑えられることができます。

アレルギーの他に、魚には寄生虫がいる心配があります><
対策として、塩水に漬けたり、マイナス20度以下で冷凍したり、加熱することで死滅するようです。
また、現代の海の汚染の影響が考えられるので、サバなどの大きな魚を与える時は、頭と内臓を取り除いてからあげるようにしましょう。
火を通す場合は必ず骨を除いてから加熱してくださいね!



以上となりますが、それぞれの特徴と注意点を理解していただけたら嬉しいです><

あまり堅苦しくならないように文章打ってたつもりだったのに、結局堅苦しくなってしまったような・・・
写真もなくて分かりづらいかしら・・・?


さて、これで「お肉をあげよう」が終わりになりました。
時々以前の内容をちょこちょこいじってるかもしれませんので、気になったら見てみると何か変わってるかもしれないデス(ぇ
(というか私が単に忘れてるってだけなんですが・・・)

次回からお肉と一緒にあげる、野菜についてのお話に入りましょう。

それまでお元気でぇ~?
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

おーた

Author:おーた
栃木の最南端に住む一般人です。
甘いもの大好き。



カテゴリ

だらだら生活日記 (25)
手作り記録 (10)
プロフィール (1)
ペットの手作りごはん (6)
1.はじめに (1)
2.知っておきたいアレコレ (2)
3.お肉をあげよう (3)
動物と暮らす (2)
お知らせ (1)



最新記事



最新コメント



日々のつぶやき

Twitter ブログパーツ



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



カウンター



QRコード

QR



12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © ももっぱな。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふわふわ。り  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。