黒ラブ・モモと、飼い主おーたのだらだら生活日記。

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お肉をあげてみる・その2

2010.06.08 *Tue


また間があいてしまいました…
今回はやっとお肉の続きですっ。


前回ではお肉の重要性とあげ方についてお話しました。
お肉と骨の関係お分かりいただけたでしょうか?

次は、そのお肉をどのくらいあげればいいのかを話していきたいと思います(・ω・)/


犬や猫にとって、お肉に含まれてる栄養素はどれも大切なものです。
特にその中でも重要なのが「タンパク質」という栄養素になります。
一度は聞いたことありますよね?

…ありますよね!?

…なかったらゴメン

このタンパク質の量を目安にして、1日に必要なお肉の量を計算してみましょう(-_☆)

成犬を例にすると、1日に必要なタンパク質の量は体重1kg当たり約2~3gになります。
(猫の場合は約4~6g必要)
ということは、体重10kgだと約20~30g必要ってことになりますよね?

お肉は約20%程がタンパク質になるので、大体100~150gのお肉が必要になる計算です☆

ですが、ここで注意点!

この計算だと、例えば50kgの成犬に必要なお肉の量は500~750g・・・と単純に考えたらそうなりますよね?
でも実際には500~600g程で充分な量になります。

その理由としては「体重が大きい程、必要となるタンパク質の量が減る」という決まりがあるからです。
逆に「体重が小さい程、タンパク質の必要量は増える」ということにもなります。

・・・多分分かりづらいと思うので体の大きさ別にしてみると、
(タンパク質の量/体重/1日当たりの順で)

小型犬(チワワ、ヨーキーなど)は3g/kg/日
中型~大型犬では2g/kg/日

※1日に必要なお肉の量の目安(お肉の量g/体重kg)
70~100g/5kg
100~150g/10kg
200~300g/20kg
300~400g/30kg
400~500g/40kg
(成犬の場合の目安です)

この量はあくまで目安なので、その子の運動量や年齢、季節によって量を変えましょう(・ω・)/
手羽先などグラムで計りづらいものは本数で調整するといいかもしれません。

ちなみに成長期の子犬、妊娠・授乳期の雌犬、老犬の場合は量を1.5~2倍に増やしてあげるといいでしょう☆

後はこまめに体重を測ったりして、その子に合った量を導き出してくださいねぇ


今回はちょっと難しかったでしょうか?
…他の動物性食品のことまで話そうと思いましたが、それはまた次の機会にしますねネ

携帯からの投稿は手が痛くなります(爆)

※少しだけ内容を編集しました(2010/06/27)
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

おーた

Author:おーた
栃木の最南端に住む一般人です。
甘いもの大好き。



カテゴリ

だらだら生活日記 (25)
手作り記録 (10)
プロフィール (1)
ペットの手作りごはん (6)
1.はじめに (1)
2.知っておきたいアレコレ (2)
3.お肉をあげよう (3)
動物と暮らす (2)
お知らせ (1)



最新記事



最新コメント



日々のつぶやき

Twitter ブログパーツ



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



カウンター



QRコード

QR



05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © ももっぱな。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふわふわ。り  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。